スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーネーション
我が家は時間を見る意味もあって、毎朝テレビをつければだいたいNHK
で、つけっぱなしなので、自然と毎日「連続テレビ小説」を見ています。

前回の「おひさま」も結構面白くてハマっていたけれど
今回の「カーネーション」は涙あり、笑いありで
さらに面白くて毎日毎日欠かさず見ています。

デザイナーのコシノ3姉妹の母、小篠綾子さんの生涯をドラマ化したもので
彼女のバイタリティーあふれる生き方に、毎日勇気と力をもらっています

私は大阪大好きな関東人ですが、毎日夢中になって見ていると言葉が
おかしな関西弁なっていたりします

先日も滋賀に住む京都生まれの友人と1時間もしゃっべっていたら
自分でも笑ってしまうくらい引きずられて、どこの人?
になってました

そうそう、今週は3姉妹の真ん中のコシノジュンコさんが
ストーリーの中心になっていますが、その当時文化服装学院デザイン科
「花の9期生」と呼ばれていた仲間達(男友達)も登場しています。
「ピンクハウス」の金子功さん、「ニコル(NICOLE)」の松田光弘さん、
「ケンゾー(KENZO)」の高田賢三さんだそうです。すごい面子です

私はいわゆるバブル全盛を謳歌した人間なので、彼らの名前を聞くと今でも
ワクワクドキドキするし、すっごく懐かしく感じます。

大学生の頃は、バイトしたお金を注ぎ込んでは丸井やパルコでNICOLEの
服を買ったりしていました。KENZOの服は買ったことはなかったかな?
あとは黒い服が好きでComme des Garçons の服なんかを着ていました
ほんと80年代は楽しい時代(そして不思議な時間)でしたね


画像 148SS
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。